君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

トイプードルの性格・特徴・平均寿命、かかりやすい病気と対策

犬にはいろいろな種類がおり、それぞれ性格や大きさ、見た目の特徴が変わってきます。

本記事では数ある犬の種類の中でSNSでも大人気の「トイ・プードル」の特徴や性格、平均寿命やかかりやすい病気とその対策について見ていきましょう。

f:id:pompom_stk:20190806050205j:plain

最近テレビとかインスタでよくトイプードルの写真見かけるよね。

芸能人が飼っているトイプードルをSNSに投稿したりなどして人気が出たんだよ。特に小さい子が人気だね。

 

 

トイプードルの特徴

サイズ

トイプードルは以下のようにサイズによってティーカップ、タイニー、トイと名前がつけられています。ペットショップなどで売り物として売られているトイプードルはこれらの名前で売られていることがありますが、血統書を発行する団体であるJCKはこれらの名前で登録をしていないため、血統書としては全て同じトイプードルとなります。

 

名 称 体 重 体 長 体 高
ティーカップ 2kg以下 20cm 20cm
タイニー 2~3kg 23cm 23cm
トイ 3~4kg 28cm 28cm

 

トイプードルってサイズによって名前が違うんだね。

血統書として登録されているわけではないけどね。

近年、テレビやインスタグラムなどのSNSで芸能人やインフルエンサーの人たちが飼っている小さなトイプードルが紹介されることが多く、犬の中でも小さなトイプードルは特に人気です。しかし小さな子を買う際には注意が必要です。

きちんとしたペットショップやブリーダーの方から買うことは問題ありませんが悪質なブリーダーは赤ちゃんが生まれる際、未熟児を帝王切開によって取り出し適切な食事を与えないなど悪質な方法を使う場合があるらしいです。

お金儲けのためにこのような方法を行うため、骨が弱くなるなど飼ってから病気にもなりやすかったりします。

小さいトイプードルを購入する際は購入するペットショップやブリーダーの評価などの下調べをしましょう。

毛の特徴

トイプードルが人気である一番の理由はあのくるっとした毛です。トイプードルは抜け毛が少ないとされていますが、これはこの毛の特徴のおかげで毛が抜けても硬い巻き毛が落ちるのを防いでくれています。また、換毛期もありません。トイプードルを飼っている家庭は他の犬を飼っている家庭と比べて抜け毛がほとんど落ちていません。

毛色はブラウンが一番有名ですがその他、ブラック、ホワイト、レッドなど10種類以上の多種多様な毛色があります。巻き毛なためトリミングは必須で、カットにはいろいろなスタイルがありおしゃれを楽しむことができます。

また、毛の色は単色が理想的ですが濃淡についてはトイプードルとして認められています。

寒さに弱い

トイプードルの毛はアンダーコートが発達してオーバーコートがほとんどないシングルコートと呼ばれるタイプです。このシングルコートの毛を持った犬は暖かいところで改良をされた場合多いとされています。

このことからシングルコートをしているトイプードルは寒さに弱いため冬は注意が必要です。

トイプードルの性格

f:id:pompom_stk:20190806050238j:plain

運動能力と賢さ

トイプードルは好奇心旺盛で運動能力が高いとされています。一緒に遊んだり散歩したりなどが好きな人が飼っても大満足できることでしょう。

そしてトイプードルは全犬種の中で2番目に知能指数が高い犬だとされています。(ちなみに1番はボーダーコリー)初心者の方でもしつけがしやすくとても飼いやすい犬です。

この運動能力と賢さからサーカスでも活躍しています。一般家庭でも飼い主と飼い犬が頑張ることで芸を覚えることもできます。

温厚な性格

トイプードルは温厚でフレンドリーな性格です。そして賢くとても利口でとても飼いやすいです。

しかし利口であるが故、イタズラ好きな面があるため注意が必要です。しかしこれまた利口であるが故、しつけをすれば覚えてくれる賢い犬なのでいたずらをしたときはきちんと怒ってやってはいけないことだと教えてあげましょう。

トイプードルの飼い方

遊び場所の確保と散歩

トイプードルは小さく優雅な見た目に反して運動能力が高く体力も多いです。遊べる環境を整えてあげることと毎日何度かの散歩に行ってあげましょう。遊ぶ量が足りないと運動不足になり肥満になったりストレスが溜まってしまいます。しかし体が出来上がるまでは半年ほどかかるため、それまでは激しい運動は控えるようにしましょう。

トイプードルは賢い性格なため、ストレスが溜まるとイタズラをしやすくなったりケージ内を荒らすなどしてしまうことがあります。

ブラッシング

トイプードルは換毛期がなく毛があまり抜けず手入れが楽ですが、硬い巻き毛はとても絡まりやすいです。ブラッシングを行わないと毛がフェルト状になってしまったりゴミや埃が毛の中に絡まってしまいます。週に3回以上のブラッシングを行うことが好ましいです。

また、2ヶ月に1度程度トリミングをしてもらうことをおすすめします。

耳の中のケア

被毛の多いトイプードルですが、体の外だけではなく耳の内側まで柔らかな毛が生えています。これにより耳垢が外に出ず鼓膜付近に溜まりやすい構造になっています。耳垢を放っておくと外耳炎などを引き起こしてしまうため、掃除を行うことが大切です。

自分で耳の掃除を行うことが難しい方はグルーマーなどに頼んでやってもらいましょう。

トイプードルの平均寿命

トイプードルの平均寿命は15才とされており、犬としては比較的寿命が長い犬です。

トイプードルのかかりやすい病気

f:id:pompom_stk:20190806050306j:plain

目の病気

トイプードルは視力障害を起こす白内障・縁内障・進行性網膜萎縮症になりやすいです。遺伝疾患なため予防方法はありませんが、遺伝子検査で調べたり異常を感じたら早めに動物病院を受診するなどで進行を抑えることは可能です。

白内障・・・目の中の水晶体と呼ばれる部分が白濁する

縁内障・・・眼球内の液体の影響から眼圧が高まることで視神経を圧迫

進行性網膜萎縮症・・・網膜の光を受容する場所に異常が発生し網膜が徐々に萎縮

骨折

病気とは少し違いますが、トイプードルは骨折や関節炎の多い品種です。

芸を教えるために様々なことに挑戦してみたり、運動をさせるためにドッグランで激しい運動をしてみたりする飼い主が近年多くなっています。しかしトイプードルは体重もありがっちりとした体を支えるには少々細めな手足をしています。高い場所から飛び降りたりなどをすると骨折してしまうことが多いようです。

また、高い場所から飛び降りてしまうと着地の際の衝撃によって関節に炎症を起こしてしまう可能性があります。骨折や関節炎などになりやすい犬種だということを理解してあまり無理な遊びや運動をさせないようにしましょう。

平均的な値段

トイプードルの値段の相場は20~30万円です。近年はティーカップなどの小さいサイズのトイプードルが人気で特に優良血統で子犬となると100万円を超す子もいます。

今回のまとめ

f:id:pompom_stk:20190806050350j:plain

トイプードルってトリミングでおしゃれできるんだね、いいなぁ。

ハリボーはできないもんね。

毛の手入れ以外はとても飼いやすいんだね、いいなぁ。

、、、もしかしてトイプードル飼ってインスタに投稿したいの?