君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

ラグドールの性格・特徴・平均寿命、かかりやすい病気と対策

猫はいろいろな種類がおり、それぞれ性格や大きさ、見た目の特徴が変わってきます。

本記事では数ある猫の種類の中でとっても甘えん坊でかわいい「ラグドール」の特徴や性格、平均寿命やかかりやすい病気とその対策について見ていきましょう。

 

f:id:pompom_stk:20190718044836j:plain

 

 

ラグドールの特徴

f:id:pompom_stk:20190718045049j:plain

 

僕は猫を飼ったらいっぱい抱っこしたいなぁ。

だったらラグドールはおすすめだよ!

ラグドールはミディアムロングの被毛に顔や手足などに特徴的な斑点が入っている猫です。一番の特徴は顔の毛色が左右均等にセンター分けのような模様になっているところです。

大きく丸みのある体つきで筋肉質な体格をしています。長くてふさふさの尻尾は体長と同じくらいの長さで毛並みはとてもふわふわしており触り心地がとても良いです。

ラグドールのサイズ

ラグドールは体重5~9kg中型~大型の猫で、体型はロング&サブスタンシャルタイプです。

ラグドールの性格

f:id:pompom_stk:20190718044907j:plain

名前の由来

「ラグドール」という名前はぬいぐるみを意味したもので、抱っこされることを好みます。抱っこをされると脱力し体を預けてくれます。

人間が大好き

落ち着いた性格で激しく遊ぶことはあまり好まず、大きな声で鳴くことも少ないため猫の中でも飼いやすい種類です。他のペットがいても落ち着いた性格から一緒に暮らしやすく多頭飼いがしやすいです。また、狩りをしてきた猫というわけではないため噛み付かれたりひっかかれたりすることは滅多にありません。

人間が大好きで関心を持ちやすく、多頭飼いをしていても他の猫や犬よりも人間の側にいることが多いです。

遊ぶことがあまり好きではない

遊ぶことはあまり好きではなく、リラックスして住ごすことが大好きです。子猫から成猫になるまでの間は好奇心が強く遊ぶことも好きで他の猫と同じように活発に遊びます。体が他の猫と比べて大きく成猫になるまでに3年ほどかかり、成猫になると落ち着いてあまり活発な運動をしなくなります。

ラグドールの飼い方

f:id:pompom_stk:20190718044929j:plain

ブラッシング

ラグドールの被毛はセミロングでそれほど長くはありませんが厚く量が多いため、週3回以上のブラッシングを行い抜け毛の処理をすることが理想です。

また、成猫になるまでは綺麗な被毛を作るためにも栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

キャットタワー

猫は基本的に高いところが好きですが、ラグドールは成猫になると高い場所をあまり好まなくなります。そのため、キャットタワーは低めに調整しておきましょう。

体が大きいため、高さよりも土台がしっかりとしたものを選んで買いましょう。

室外で飼わない

ラグドールは他の猫と比べて鈍感な性格をしているため、必ず室内で飼いましょう。外には危険が多いため室外で飼うと危険に対応できずに怪我をしてしまう可能性が高いです。

室内で飼う場合も猫にとって危なそうなものは置かないようにし、怪我をさせないように注意しましょう。

ラグドールの平均寿命

ラグドールの平均寿命は14~16年と言われています。猫の平均寿命が15年前後と言われているため、ラグドールはやや長生きとなります。

ラグドールがやや長生きな理由はほとんどの場合室内で飼われているためです。室内で猫を飼っている場合でも外と中を行き来できるようにしている場合がありますが、ラグドールの場合は鈍感な性格をしているため外に出す飼い主はほとんどいません。

一生を外で暮らす猫はノミやダニ、寄生虫などの影響で室内猫と比べると平均寿命が5年前後変わってきます。

ラグドールのかかりやすい病気

f:id:pompom_stk:20190708203636j:plain

遺伝性疾患は少ない

ラグドールは比較的遺伝性疾患が少ない猫です。しかしペルシャ猫が祖先にあたるため、ペルシャに見られる「肥大型心筋症」が起こることがあります。

肥大型心筋症は心不全・貧血・血栓などを引き起こす疾患で、突然死してしまうこともあります。

肥大型心筋症は中年期以降のラグドールがかかりやすく、食欲がなくなったり疲れからじっとすることが増えるなどの状態になってしまいます。人間が大好きで抱っこされることが好きで今まではたくさん寄ってきていたのに最近あまり寄ってこないように感じる場合も肥大型心筋症の可能性が考えられるため、これらの状態が見られたら動物病院を受診しましょう。

膀胱炎・尿結石

遺伝性疾患ではありませんが、ラグドールは膀胱炎や尿結石になりやすい猫です。尿結石が進行してしまうと尿路閉鎖になり最悪死に至ることもあります。

おしっこの色を確認するようにして、もし血液が混ざったような赤色のおしっこをするようになったら動物病院を受診するようにしましょう。

毛球症

長毛種では毛球症や皮膚炎を起こすことがあります。週3回以上のブラッシングを行い抜け毛を処理することや、猫草などの繊維を食べさせて毛を体外へ毛を排出させるなどで予防することができます。

ラグドールは抜け毛は多いですが毛が絡まりにくいため手入れは比較的楽です。

ラグドールの平均的な値段

ラグドールをお迎えするためにかかる値段は約20万円です。

値段の違いは特徴であるセンター分けの模様が綺麗に分かれていると高価になってきます。

今回のまとめ

ラグドールってとても甘えん坊なんだね!いっぱい抱っこしたり一緒に寝たい僕にとってはぴったりだ! 

ひっかかれたり噛み付かれたり大声で鳴くこともほとんどないし家の中を走り回ることもあまりしないからアパートでも飼いやすい猫だね。

他のペットよりも人間になつきやすいってところもいいな。

君ハリネズミだからきっと私の方が懐いてくれるね。

 

ラグドールを飼ってみたいと思ったらこちらの記事もどうぞ!

ラグドールド以外の猫のことも知りたい方はこちら!