君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

ペルシャ猫の性格・特徴・平均寿命、かかりやすい病気と対策

猫はいろいろな種類がおり、それぞれ性格や大きさ、見た目の特徴が変わってきます。

本記事では数ある猫の種類の中で純血種最古の長毛猫「ペルシャ」の特徴や性格、平均寿命やかかりやすい病気とその対策について見ていきましょう。

 

f:id:pompom_stk:20190801045053j:plain

ペルシャって名前から気品が漂ってくるよね。

すっごく昔からいる猫なんだよ。

 

 

ペルシャの歴史

世界最古の純潔猫

ペルシャは純血種最古の猫とされています。はっきりとした起源はわかっていませんが、象形文字で書かれた古代文書にも長毛の猫の記述がされており、これはペルシャ猫ではないかと言われています。

16世紀に猫種としてのペルシャが西ヨーロッパで成立した可能性が高いとされ、18世紀にヨーロッパ各地の裕福な家庭でペットとして飼われるようになり、20世紀にはペット猫としてアメリカに輸出されました。

ペルシャとは現在の「イラン」を表す古名で、その名の通りイランに生息していた長毛種の猫がルーツだとされています。

ペルシャは純潔猫の基礎

純血種を交配する中で、近親交配による弊害を避ける必要があります。その際の交配相手としてペルシャは活躍してきました。

(シャム+ペルシャ=ヒマラヤン、ブリティッシュショートヘア+ペルシャ=エキゾチックショートヘア など)

ペルシアン

大人気ゲーム(アニメ)「ポケットモンスター」に登場するペルシアンの名前はこのペルシャからとったのではないかと思います。が、その見た目はペルシャよりもシャム寄りです。

ペルシアンはニャースがLv.28で進化するよ。

・・・

ペルシャの特徴

f:id:pompom_stk:20190801045119j:plain

見た目の特徴

ペルシャはゴールドの瞳と丸い目に低い鼻、離れた耳が特徴です。

ペルシャの大きな特徴とも言える潰れた鼻はその高さによって名前がつけられています。古くからある鼻の高さのペルシャはトラディショナル、品種改良によってよりつぶれた鼻を実現したペルシャはエクストリームと呼ばれています。

サイズ

ペルシャの平均的な体重は3~5kg。短い体長に短い足、がっしりとした筋肉を持った中型猫です。

長毛猫のため、ふさふさな被毛で体が大きく見えるが平均体重は一般的な猫と同じです。

チンチラペルシャ

チンチラという名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは猫の種類の名前ではなくペルシャの毛色バリエーションの一つです。ゴールドやシルバーの毛色と青い瞳をしています。

この優雅な見た目から「ペルシャの中のチンチラという毛色」ではなく「チンチラ」という名前の純血種として独立させようとする動きがあり、現在ごく一部の地域ではチンチラが純血種として認められているようです。

ペルシャの性格

f:id:pompom_stk:20190801045200j:plain

上品な猫

ペルシャはとても穏やかで落ち着いた性格をしており、最古の猫にふさわしい「上品さ」があります。足が短く運動能力が高くないことから走り回ったり高い場所に登ったりせず、 大きな声で鳴くこともないことから上品さを感じられます。

この上品さからペルシャは「猫の王様」の異名を持っています。

遊ぶことが好きではない

ペルシャは遊ぶことよりもゆっくりとすることの方が好きな猫です。撫でられることは好きですが一緒に遊ぼうとするとめんどくさそうにしたりすることもあります。留守番をさせても寂しがることはなく甘えすぎることもありませんが、家族のことは認識してくれています。

睡眠をたっぷりととる

猫は寝る時間が多いですが、ペルシャは特に寝る時間が多く成猫でも1日あたり15時間必要とし1日の半分以上は寝て過ごすことになります。甘えすぎることはありませんが人懐っこさがあるため飼い主の横で寄り添って昼寝をする姿も見られます。

ペルシャ猫の飼い方

ブラッシング

ペルシャはダブルコートの被毛で、トップコートもアンダーコートも細かく長毛種の猫の中でも特に被毛が暑い猫とされています。長毛の猫は毛づくろいすることで毛を飲み込んでしまい、飲み込んだ毛により毛球症を起こしたり被毛に毛玉ができ皮膚炎の原因となってしまいます。これを予防するためにも週5回以上、理想は毎日でもブラッシングを行いましょう。 

太らせないようにする

ペルシャは落ち着いた性格からあまり遊ぶことが好きではなく、体質的に太りやすいです。運動をさせることで体重の管理をすることが難しいため、あまり餌やおやつを与えない、栄養バランスのとれたものを与えるなどの食事管理をすることが大切です。

ペルシャ猫の平均寿命

 ペルシャの平均寿命は15~20年で、純血種の猫の中では長寿です。

これはとても歴史が古い猫ということが関係しているようです。

ペルシャ猫のかかりやすい病気

f:id:pompom_stk:20190708203636j:plain

遺伝疾患

ペルシャは古くからある猫種ということもあり長生きする猫ですが遺伝疾患の多い猫でもあります。両親が多発性のう胞腎を発症していると、子は50%の確率で発症してしまう遺伝疾患です。2才までに発症し8才頃になくなってしまう場合がほとんどで、治療法が確立していない遺伝疾患となります。

対策は親が発症していないかを調べるくらいで、あとは発症してから少しでも症状を和らげるように育てていくしかありません。

毛球症

ペルシャは猫種の中でも特に被毛が厚い猫です。ペルシャに限らず長毛の猫は毛づくろいした時に少しずつ飲み込んだ毛が胃で塊となることにより毛球症を引き起こしてしままいます。この塊は毛球と呼ばれ、胃で生成されます。毛は体内では消化されず、胃液で満たされた胃内で毛がもまれることで毛球が育っていき、胃や腸に様々な症状を引き起こしてしまいます。

猫は毛を飲み込んでも毛球が作られることはなく便として排出されることがほとんどです。毛球が作られてしまった場合も定期的に嘔吐することで体内に毛球を溜めずに吐き出すようになっています。しかし、ペルシャなど長毛な猫は毛づくろいの頻度が多く胃で作られた毛球を正常に吐き出すことができないまま毛球は大きく育っていってしまいます。

毛球が胃の限界量を超えてくると食欲がなくなったり嘔吐の頻度が多くなるなどの症状が現れます。毛球が腸へ流れると緊急性のある腸閉鎖を起こしてしまうことがあるためこのような症状が現れたら動物病変へ受診しにいくと良いでしょう。

毛球症予防として毎日のブラッシング、猫草などの繊維を食べさせ体外へ毛を排出させるなどの対策をとりましょう。

ペルシャの平均的な値段

ペルシャの平均的な値段は20万円~30万円です。

日本ではチンチラが特に人気で値段が高くなる場合が多いです。 

今回のまとめ 

ペルシアンはニャースがLv.28で進化することがわかったね。ロケット団はもっとニャースを育てないとね。

うん、そこは別にどうでもいいかな。

ペルシャは上品な猫というイメージがあったけど、性格がおとなしいからこう見えるんだね。

遺伝疾患はあるけど長生きしてくれるから少しでも長く一緒に暮らしたい人にもおすすめだよ。

よく寝るから長生きできるのかな。でもよく寝たりおとなしかったり僕みたいな猫初心者でも買いやすそうだね。

ペルシャは猫初心者にオススメの猫だよ。でもあまり運動しないから太らせないように食事管理は大切だよ。

 

ペルシャを飼ってみたいと思ったらこちらの記事もどうぞ!

ペルシャ以外の猫のことも知りたい方はこちら!