君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

ペットと一緒に暑い夏を乗り切ろう!犬・猫の熱中症対策!

毎日暑い日が続きます。まだ8月中盤、これからも暑い日が続きそうです。

都心部では35℃を超え、40℃を超える地域があるとニュースでもやっています。そんな暑い夏に気をつけないといけないことが熱中症です。特に外で仕事をしている方は、毎日水分や塩分を摂取するなどの熱中症対策を行なっているかと思います。

そんな暑い日々が続く中、大切なペットが熱中症になってしまったという例があるようです。今回は「犬や猫も熱中症対策を!」という記事です。熱中症の原因と対策方法、熱中症を起こしてしまった場合の応急処置を見ていきましょう。

f:id:pompom_stk:20190815152028j:plain

犬や猫も熱中症になる

今年の8月に入り、「人間だけでなく、ペットも熱中症になります」と警視庁警備部災害対策課が注意喚起をする投稿をTwitterで行いました。

このツイートはペットの熱中症の症状から対策方法までを2枚の画像付きで投稿されたもので話題にもなりました。しかし、SNSを使わない人や高齢者にはこの情報が上手く伝わらずにいるのでは?という心配もされているようです。

今回、この記事を通して少しでも多くの人にこの情報が伝わり、大切なペットの熱中症を減らすことができたらなと思っています。

犬や猫の熱中症はどんな病気?

犬や猫は私たち人間と同じように体温を一定に保つ動物です。しかし、長時間高温となる場所に居続けることで適切な体温調整ができなくなってしまい、体温が上昇します。熱中症とはこれらにより様々な症状を引き起こし、最悪死に至るという恐ろしい病気です。

私たち人間は暑い場所に居続けると汗をかき、体温を下げようとします。しかし犬や猫は、汗をかいて体温を下げることができません。犬や猫が体温を下げる唯一の方法は呼吸による体内の換気のみです。

この暑い夏に体温が高温となってしまうと、呼吸だけでは下げることができません。さらに人間のように熱中症になった時の対処方法を知っているわけでもありません。

このことから犬や猫は人間に比べると熱中症になりやすいと言えます。

熱中症の症状と原因

f:id:pompom_stk:20190815153816j:plain

 

ペットが熱中症になったらきちんと教えてくれるかな?

「僕熱中症になったよー、助けてー」とは言ってくれないよ。

ならどうやって気付いてあげればいいのかな?

熱中症の初期症状を知ることでペットの熱中症をいち早く気付いてあげることができるよ。

犬や猫の熱中症の初期症状ってどんな症状なんだろう。

初期症状
・よだれをたくさん垂らすようになる
・いつもより呼吸が荒く口を開けたまま早い呼吸をする
・元気が無くぐったりとしている
・目が充血し歯茎がどす黒い色に変色する
熱中症が進行すると、、、
・脳の酸欠により意識がもうろうとし、痙攣を起こす
・歯茎がさらに変色し青くなってくる(チアノーゼ)
・下痢や嘔吐をする
・さらに進行するとショック症状により意識がなくなり、最悪死に至る 

このような症状が見えたら「熱中症」と考えていいよ。

熱中症の原因と対策

 大切なペットを熱中症から守るためには、原因を知ってそれに対する対策が必要です。熱中症を引き起こしてしまいそうな要因を知り、それに対する対策を取るようにしましょう。

原因と要因
対         策
気温の高い日の散歩 ・気温が高い時間帯の散歩を避ける
・気温が特に高かった日はアスファルトが高温になっているため、太陽が沈んでから散歩をする
・長時間散歩をしない
・日陰を歩かせる
・水筒などに水を入れて持っていく
高温の室内・車内に放置する場合 ・エアコンを付けて温度を下げる
・車内に一人にする可能性のある場所に極力連れて行かない
・換気をする
水分不足
・飲み水は半日に1度ほど新鮮な水に変える
・飲み水は飲みやすい温度にする
・水飲み場を複数箇所に分散させる
・散歩に行く時や外出する際は水筒を持っていく
・家で一人にするときは新鮮な水を多めに用意する
・ドライフードに水をふくませる

 熱中症になりやすい犬・猫

f:id:pompom_stk:20190815152305j:plain

犬や猫は熱中症を起こしやすい言いましたが、品種によって特に起こしやすい種類もいます。これらの品種の犬・猫は特に注意しましょう。

 
鼻が短い
被毛が厚い
シーズー
パグ
ペキニーズ など
ボルゾイ
シベリアン・ハスキー
シェットランド など
エキゾチックショートヘア
スコティッシュフォールド
ペルシャ など
アメリカンショートヘア
ブリティッシュショートヘア
メインクーン など

被毛の厚い犬・猫に関しては、ブラッシグで抜け毛を取り除き毛を少なくすることや、トリミングで毛を短くすることも効果的です。

 

ブラッシングについて詳しく知りたい人はこちらの記事へ!

熱中症になってしまったらどうする?

熱中症予防をするように気をつけていても、熱中症を起こしてしまう場合はあります。大切なことは初期症状が見られたらすぐに応急処置をすることです。

初期症状が起きた時の応急処置

f:id:pompom_stk:20190815153848j:plain

まずは水を飲めるかどうかを確認しましょう。飲める場合は飲ませてあげ、飲めない場合は無理して飲ませないようにしましょう。可能であれば布などに水を染み込ませ舌を濡らしてあげましょう。

次に体を冷やしてあげることです。熱中症となった犬や猫は体温が上昇しているため、体を冷やして体温を下げることが効果的です。冷やす場所は、頭部・頸動脈・脇部(前足の付け根の内側)・そけい部(後ろ足の付け根の内側)が効果的です。

体を冷やす方法は、保冷剤を体に当てるか濡れたタオルを当てることです。犬の場合は直接水をかけることも効果的ですが、常温の水にしましょう。冷水をかけてしまうと逆効果となってしまいます。

また、猫は基本的に水浴びをすることが苦手な動物です。直接水をかけてしまうとショック症状を引き起こす可能性があるためしないようにしましょう。

必ず動物病院を受診する

熱中症の初期症状が見られたときは、これらの応急処置をすると同時に出来るだけ近場の動物病院へ連絡を入れましょう。ペットの搬送方法の他、症状を説明をするとこれまで紹介した以外の対処法の説明があるかもしれませんので、それらを行いましょう。

応急処置を行なって回復した場合でも動物病院は受診するようにしましょう。軽症だったとしても実は内臓に異常を起こしてしまっている場合もあります。

今回のまとめ

熱中症って怖いんだね、、、

人間と同じように最悪死んでしまうこともあるから本当に気をつけないといけないよ。

初期症状はわかったけどそれだけじゃなくて応急処置をすることも覚えておかないといけないね!

そのときになってテンパらないようにするんだよ。動物病院の受診も忘れずに!