君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

ベンガルの性格・特徴・平均寿命、かかりやすい病気と対策

猫はいろいろな種類がおり、それぞれ性格や大きさ、見た目の特徴が変わってきます。

本記事では数ある猫の種類の中で野生的なヒョウ柄が特徴的な「ベンガル」の特徴や性格、平均寿命やかかりやすい病気とその対策について見ていきましょう。

 

f:id:pompom_stk:20190717040418j:plain

 

 

ベンガルの特徴

ベンガルってベンガルトラみたい模様だから「ベンガル」って名前がついたのかな 

確かに模様は似ているけど実は違うんだよ。

見た目の特徴

背筋が一筋多いため、胴長でがっちりとした筋肉質なベンガルは猫としてはやや大きめでとても野生的な見た目をしています。

小さい顔つきでくさび形の頭に幅の広い鼻筋、目はアーモンド型でアイラインが縁取っておりややつり目です。

被毛の特徴

f:id:pompom_stk:20190717040518j:plain

 

ベンガルの被毛は密集して生えていますが、シングルコートのため手入れがとても楽です。また、光沢のある滑らかな触り心地をしています。

ベンガルといえばヒョウ柄模様が一番の特徴ですが、このヒョウ柄には以下の3種類に分けられています。

 

スポテッド ・・・体全体にひとつの色からなる斑点が広がることでヒョウ柄模様を作り出す
マーブル・・・全体的に波や渦を巻いたような模様
ロゼット・・・円谷楕円の形をした外周と内部の色がそれぞれ異なる斑点を持ったヒョウに最も近い雰囲気を持つ

 

一般的によくみられる模様はスポテッドで、マーブルとロゼットは珍しく、その分価格も高価になります。この中でも一番人気なのはロゼットで、同じロゼットでも様々な模様があり以下のように細かく分類分けがされています。

 

ドーナツ型・・・3色のドーナツ型から模様が作られている
ジャガー型・・・斑点がドーナツの縁で囲まれている模様
ローズ型・・・バラの花びらのような模様
アローヘッド型・・・2色からなる外周が完全につながっていない大きな矢印型
ワイルドロゼット型・・・迫力のあるかなり大きなヒョウ柄

 

この模様はベンガルトラに似ていますが、「ベンガル」という名前はこのベンガルトラにちなんだものではありません。名前の由来はアジアン・レパード・キャットの正式名称である「P.b.bengalensis」からとったものです。

ベンガルの体のサイズ

体長は50~80cmで体重は4~8kgの大型で、猫種の中ではロング&サブスタンシャルタイプです。大型猫とはいってもメインクーンなどのようにがっしりとした体格の猫とは異なりシュッとしたスマートな見た目をしています。

ベンガルの性格

f:id:pompom_stk:20190717040458j:plain

遊ぶことが大好き

ベンガルは他の猫と比較すると運動量が格段に多く、骨格や筋肉が発達しています。猫じゃらしやキャットタワーに登ったりなど遊ぶことが大好きで、遊び方も野生的で機敏なです。

また、視覚・聴覚・嗅覚が発達しているため敏感に反応しますが、神経質な性格はしていません。

実は甘えん坊

ベンガルはあの野生的な見た目から人間に懐かないイメージをもたれています。しかし実際はこの見た目に反してとても濃厚で甘えん坊です。人間の呼びかけに反応したりゴロゴロと甘えてきたり、後ろをついてきたりなどかわいらしい一面があります。

犬に近い甘えん坊さで、どこかにでかけようとすると寂しくて外出の邪魔をしてきたりすることもあります。個体差はありますが成猫になるにつれておちつく傾向にあります。

水が苦手ではない

猫は基本的に水が苦手で水遊びやお風呂などが嫌いです。しかしベンガルは猫としては珍しく水が大好きです。個体差はありますが、水が好きな子はキッチンやお風呂などの水の音を聞くと嬉しくて遊びにやってきたりなどもします。

ベンガルの飼い方

f:id:pompom_stk:20190717040447j:plain

遊ぶ環境を作る

猫は子猫から成猫になるまでは遊ぶことが大好きな子が多いです。しかしベンガルは群を抜いて活発で、成猫になってからも運動量は多く遊ぶためのおもちゃやキャットタワーなどをしっかりと準備しましょう。

ベンガルは思い切り走り回ったり高いところに飛んだりもするため、キャットタワーやおもちゃ以外にも遊ぶための広いスペースも大切です。もし部屋が狭くて走り回れる環境が作れない場合は「キャットホイール」がおすすめです。キャットホイールはハムスターの回し車のようなもので、その上を全力疾走することでたくさん運動できストレスを解消することができます。

賢くてしつけが楽

ベンガルは他の猫と比較するととても賢く、視覚・聴覚・嗅覚が発達しており観察力や洞察力に優れています。そのため、家で飼うためにしつけをすることはそう難しくありません。しかしその賢さから注意する点もあり、窓やドアを勝手に開けられることがあるため、入られたら困る場所や外に出られる場所には鍵をかけるなどの対処をしましょう。

ベンガルの平均寿命

ベンガルの平均寿命は13~14年と言われています。猫の平均寿命が15年とされているためベンガルは平均的な寿命となります。

ベンガルは新しく誕生した品種なため、遺伝的な疾患がほとんど報告されておりません。これから新しく発見される可能性もあるため定期的に動物病院を受診しましょう。

ベンガルがかかりやすい病気とその対策

f:id:pompom_stk:20190708203636j:plain

 

ベンガルはヤマネコとイエネコの交雑種で、誕生してからまだ20年ほどしか経っていない歴史の浅い猫種で疾患はあまり報告されていません。近年になって染色体に関する疾患が報告されるようになり、これからも新しく発見される可能性もあります。

染色体に関する疾患である常染色体性遺伝は、光受容器の疾患による失明・ピンギル酸キナーゼ欠損症による溶血性貧血などを引き起こす可能性があります。

また、ヤマネコの野生的な性格を引き継いだベンガルは多くの運動量を必要とします。運動できる環境を整えてあげないと十分な運動量が取れずにストレスをためてしまいます。運動不足によるストレスをためてしまうと皮膚疾患・脱毛などの症状が出たり、攻撃的になってしまい人間や他の共存しているペットに対して威嚇や攻撃をしかけてくることがあります。

ベンガルの平均的な値段

ベンガルをお迎えするための平均的な値段は20万円です。

この価格は模様の種類や毛色などによって値段が変わります。

今回のまとめ 

ベンガルってもっとクールなイメージだったけど甘えん坊なんだね

野生的な見た目だからクールなイメージや懐かないイメージをもたれやすいけど実は甘えん坊でとても賢いんだよ。

あんなにかっこいいのに甘えん坊だなんてギャップ萌えだね!

 

ベンガルを飼ってみたいと思ったらこちらの記事もどうぞ!

ベンガル以外の猫のことも知りたい方はこちら!