君と僕と動物

ペット大好き系(元)バンドマンによる雑記ペットブログ

動物大好き系(元)バンドマンのおすすめアーティスト5選

f:id:pompom_stk:20190810234812j:plain

こんにちわ、Koseiです。このブログは「様々なペットに関する雑記ブログ」としていますが実は僕は元バンドマンです。ブログを始めることにした時、音楽についてのブログにしようかとも考えたのですが僕自身「どんなペットが飼われているのか」、「実家で猫を飼っており将来は自分も猫または犬を飼いたいと考えているのでそれに関する知識が欲しいな」と思いジャンルをペットブログにしました。過去にいろいろなペットを飼ってきたこともあり、その経験も踏まえつつ毎日記事を書いています。

そんなペットブログ記事を書いている僕ですが、実は元バンドマンです! (2回目)バンドマンってかっこいいでしょ?笑

そんな元バンドマンの僕(3回目)が今おすすめというか個人的にはまっているアーティストをご紹介します。目的は「同じ音楽趣味の人語りましょう」です。

1.B'z


B'z 25th Anniversary DIGEST 1988-2013

僕がバンドをするきっかけとなったバンドです。最近はあまり聴けていないのですがアルバム「C'mon」あたりまでめちゃくちゃはまっていました。稲葉さんの独特でシャウトのかかった声、松本さんの最強ギターフレーズやソロなど僕にとって全てにおいて尊敬のできるミュージシャンです。意識したわけではありませんがライブで僕のギターの音を聞いてストラト使ってるけどレスポールが好きでしょ?と聞かれたりB'zが好きと言ったら音がそれっぽいと言われたり無意識に音を寄せていたようです(笑)それほど大好きで尊敬のできるバンドです。

学生時代のお小遣いはほとんどB'zにつぎ込んでいました。新しいCDがでたらもちろん買うし今までのアルバムやシングルも買いあさっていました。

余談ですが、B'zのメインメンバーは2人で厳密に言うとロックバンドではなく「ロックユニット」です。

貼り付けさせて頂いた動画はB'zがこれまでに発売したシングルやLIVE-GYMのダイジェスト動画となっています。昔のライブ映像などファンにとっては懐かしさも感じられる動画です。

 2.米津玄師


米津玄師 MV『ゴーゴー幽霊船』

 バンドから離れましたがみんな大好き「Lemon」がYouTubeで4億再生を突破しているとんでもないミュージシャンです。昔、ゴーゴー幽霊船が好きでアルバムを通して聴いてみたいなと思い、とりあえずレンタルショップで借りようと思って探しても見つからず店員さんに聞いてみたところ、

K「米津玄師のアルバムありますか?」

店「はい?よのづ?もう一回いいですか?」

K「よねづです。」

店「聞いたことないですね、調べてみます・・・・・当店には置いていませんね。」

 田舎だと言うこともありますが、今考えるとすごいですよね(笑)あの頃もそれなりに有名だと思っていたけどほんの数年前まではレンタルショップの店員さんも知らないのに今は日本人で聞いたことない人はいないんじゃないかってくらい有名ですよね!

元々「ハチ」という名前でボーカロイドの曲を作っており、そこから声を出し顔を出し今の米津玄師というアーティストがいます。独特な曲調と面白いコード進行を使っていたりなど聞いていてワクワクするような曲が多いです。

3.Fear,and Loathing in Las Vegas


SHINE / Fear, and Loathing in Las Vegas【Full ver.】

とても長い名前です。去年から今年にかけてバンドメンバーが抜けたり亡くなってしまったりと大変な時期ではありましたがもちこたえて今も変わらない勢いで活動しているバンドです。私が高校生の頃に名前が独特すぎて気になっていましたがCDが売っておらずYouTubeでしか聞くことができませんでした。あの頃はあまりネットで買うことをしていなかったためCDショップで買うしか方法がありませんでした。

今から7年ほど前、社会人になって1年目、たまたま行ったヴィレッジヴァンガードに流れていた曲がとてもかっこよくてアーティスト名も見ずに購入して帰ってジャケットをよく見てみるとこのバンドでとても懐かしくて思わず声をあげてしまったという思い出があります。誰のCDかも知らずにただ流れている曲がかっこよくてCDを買った経験はこれが最初で最後です。

最近ではこういったバンドも増えてきましたが、シンセサイザーを思いっきり取り入れボーカルエフェクトで声を変えるバンドのダンスミュージックといったような曲を演奏しています。 

とてもかっこいい曲が多いのですが私はあまりPVとかを見る人ではありません。フェスに行き彼らの演奏を初めて見た時「変な奴おる、、、(Taikiさんごめんなさい)」「なんかパラパラ踊り出した、、、」など衝撃的でした、ライブ中笑いが止まりませんでした(笑)貼り付けさせていただいた「SHINE」のPVを見て頂ければ僕の言っている意味を多分、わかっていただけると思います。

 4.  Яeal


ЯeaL 『カタリナ』Studio Session

僕の一推しガールズバンドで「リアル」と読みます。女子高生バンドとしてやっていたのですが3年ほど前卒業と同時にメジャーデビューを果たしました。私は5年ほど前に大阪で彼女らと出会ったのですが、女子高生ということでどうせSCANDALを意識したコピーバンドみたいなものだろうと思っていましたがリハを見てすぐ、そのイメージを思いっきりにぶった切られました。

かわいらしい声質をしているのに迫力のある声、それぞれ演奏技術の高いメンバー、全くSCANDALを意識していない曲調。正直めちゃくちゃ悔しかったです。

最近はアニメ「銀魂」や「BORUTO」のOPに採用されています。まだ知名度は小さいかもしれませんが、これからもっと有名になっていくのではないかなと思っているバンドです。

5.酸欠少女さユり


“酸欠少女”さユり6thシングル『月と花束』TVアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」EDテーマ

名前だけ聞くとすごく色物っぽい気がしますがそんなことはありません。路上弾き語りからデビューを果たした実力派の女性シンガーソングライターで、独特な曲調の曲を力強い歌声で歌いこなします。PVもとてもおもしろく2.5次元がコンセプトで、彼女は3次元のさユり、PVに出演するアニメ映像の女の子は2次元のさユりという設定だそうです。

アニメのタイアップに採用されたり、人気バンドMY FIRST STORYとのコラボ曲をしていたりもします。その他、「君の名は」で一躍人気バンドとなったRADWIMPSの野田さんから楽曲提供をしてもらったりなど大活躍中のミュージシャンです。

CDの音源は基本的にバンドサウンドとなっていますが、シングルのカップリングとして弾き語りの音源も収録されています。元々弾き語りをしていたこともありバンドサウンドが受け入れられないといった声もあるようです。個人的にはバンドサウンドの方が好きですが(笑)

最後に

以上、動物大好き系元バンドマンによるおすすめアーティストでした。動物が好きなバンドマンはきっとみんなこんなかんじだと思います(そんなことはない)

これ以外にも大好きなアーティストさんはたくさんいるのですが今回は5選とさせて頂きました。本当におすすめできるアーティストさんたちですのでぜひ聞いてみてください。

そして、逆におすすめのアーティストさんがいれば教えていただけると嬉しいです。

それではペットブログとは全く関係のない記事でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。これからもたまにはこんなゆるーい記事も書いていきます。(笑)